03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガワラコンまでの道 

え~っと模型ブログのわりに製作記のあまりないブログなので
ここら辺でちょっと書いてみようかと

ガワラコンに出撃したピボットの改造箇所を

まずは手始めに

937.jpg

頭パーツを切り刻みます

前頭部は少し前に傾くように削ったり楔型のプラ板をはさみ
ひさしが斜めになるようにしてやります( ̄▽ ̄)

顔は1ミリプラ板をゴーグルの上に貼りポリパーツ、プラ棒を使い上下に可動させれるようにします。
ついでにポリパーツを動かせるようにしてアゴを引いたり出したりできるようにしておきます( ̄▽ ̄)

次に足首にポリパーツで関節を仕込みます。

938.jpg

太ももはHGUCジムの太ももにエポパテを持って形を出してます。
股関節もHGUCジムを使い中にポリを仕込んで上下に動くようにしてあります。

胴体パーツはキットの着陸脚の収納を活かして

939.jpg

中身をこのように加工して組み込んでます。
タイヤはたまごヒコーキから奪ってきて使用してます。

942.jpg

組み込んだらこんな感じです( ̄▽ ̄)

941.jpg

飛行形態時太ももが胴体に引っ込んで飛行形態の長さを調節しています( ̄▽ ̄)

額の着陸脚はカバーを長くし切り欠きが少なくなるようにしたので
着陸脚自体が3ミリほど伸びるようにシリンダー加工してあります。

腕は肩、上腕にジムパーツを使用しプラサポを使って
伸縮、稼働できるようにしてあります。

945.jpg

肘はプラサポをずらす事でガワラ曲げができるようにしてあります。

コックピットですが使える空間をできるだけ使った
椅子、計器盤をプラ板から現物合わせで作ります( ̄▽ ̄)

943.jpg

組み込んだらこんな感じ

944.jpg

主翼付け根のダクトはプラ板で塞ぎ形を整えています(>_<)

最後の加工は

946.jpg

塩ビ版をバキュームして作りました。

さて、以上がピボットの改造箇所です。
参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

コメント

おお~~っ!!

ここまで改修していたのですね。
塗装してロボ形状で置いてあったら、気が付かれないかもしれませんね~~

台座を使って、トランスフォーム中を飾った方が、インパクトあったりして(^_^;)
  • [2013/03/08 09:35]
  • URL |
  • イリコ・キューピー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

やっぱりガッツリ改修されていたんですね。
要所でHGUCのパーツ流用、凄く共感しました。
製作お疲れ様でした!

Re:ガワラコンまでの道

>イリコ・キューピーさん

がっつりと改修はしていますが
基本オイラの改造は改修した箇所がわからないようにするっていうのがテーマなので
よく色を塗ると素組み?って思われます(´Д`)

今回の展示台はアイラさんyouつくおまけなのでもっと変形することすらわかんない展示かもです( ̄◇ ̄;)

>ピカさん

ありがとうございます(^O^)
知らない人が見たらいじってる箇所がわかんない(´・ω・`)
これは改修して制作している人の
共通のネタでしょうね(>_<)

HGUCはパーツ単位で色々な
ものに組み込めるので二個一とか
する時ようにジャンクパーツが貯まりますよね(´・_・`)

Re:ガワラコンまでの道

こんばんは。
昨日ガワラコン用キットの持込行ってきました(大阪は15日締め切り)。
全国のキットを集めると250点ほどになるそうで店員の人も大変そうでしたw
表彰式の日は見に行く予定なのでくろたけさんやイリコさんのキットを直に見るのが楽しみです!

Re:ガワラコンまでの道

>ろでむさん

250点も集まってるんですか
大河原デザイン好きにはたまんないですね~

う~ん実物を見ることのできる
ろでむさんが羨ましいです(>_<)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zaku625.blog130.fc2.com/tb.php/214-2eefe2f3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。